「ほっ」と。キャンペーン
「こころ」を紡いで…大槌町のエコたわしをご紹介します
大槌町の仮設住宅にお住まいの女性有志
大槌町エコたわしチームの素敵な作品をご紹介します!

これ、何がモチーフかおわかりですか…(岩手県人なら楽勝?!)

a0165546_2331766.jpg

次はこれ。岩手県人でも上級編。

a0165546_234217.jpg

はい、こたえは…
上の写真が南部せんべい
(そばに本物の南部せんべいを置いているのでかなりヒントですね)
下の写真が大槌町マスコットのおおちゃん
(知らんがな!というツッコミが聞こえてきそう 笑)

わたしがこのエコたわしを知ったきっかけは
花巻市在住のイラストレーター岡部慶子さんから。

わたしは神戸出身、そして岡部さんは東京出身。
偶然にも、ほぼ同時期に岩手に移り住み
共通の知人がいたご縁で
ずーっと仲良くさせていただいています。

発災当時、津波の被害こそなかったものの
絶え間なく続く余震、ライフラインの分断、生活品の不足…
小さな子どもを抱え、不安な日々を送っていた岡部さん。
それでも沿岸地域の惨状を知り、いてもたってもいられないと
ご自分のブログを通じて全国から救援物資を集め
花巻と大槌を往復する支援活動を始められました。

被害に遭われた方々が避難所から仮設住宅に移り
今度は生活再建の支援が必要になってきています。
そこで避難所時代から顔見知りだった“大槌のおかあさんたち”と
エコたわしづくりが始まりました。

a0165546_2395326.jpg

スイーツにお花、パンダにカエル。
カラフルで楽しいエコたわしをおかあさんたちがつくり
岡部さんがブログを通じて販売窓口を請け負っています。

売り上げが収入源になるだけでなく
一緒におしゃべりしながらの作業で元気になれること。
購入してくれた全国の人々とのつながりを感じられること。

毛糸とともに「こころ」を紡ぐエコたわし作りが続いています。

★エコたわしのご購入はこちら
yqb00713@nifty.com
窓口:岡部慶子さん

★(エコたわしづくりの様子がわかる)岡部さんの素敵なブログはこちら
スケッチ日和通信

(irie)
[PR]
by iwate-kansai2 | 2012-01-29 23:07 | 岩手県人会広場
<< 2/9〆ジェイエア客室乗務員募集 全国有名駅弁とうまいもんまつり >>