<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
7月もイベント目白押し
7月11日で東日本大震災から4か月。岩手では少しづつ従前の生活を取り戻そうという動きが出てきているようですが、瓦礫の撤去を含めて復興への手がかりをつかむところまでは至っておりません。そうした中で関西では、様々な団体、個人が岩手の支援活動を続けています。7月に行われる行事は以下の通りです。県人会の皆さんには、出来るだけ顔を出していただきたいと思います。
7月7日~10日 「七夕の夕べ in 四天王寺」 泉州てらこや石原成昭さん(浄土宗・生福寺住職)を中心にした方々が、四天王寺境内で岩 手県の物産の販売を行います。売り上げの一部が義援金として被災地に贈られます。近くの 方はのぞいてみてください。
 四天王寺:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」④番出口
 JR天王寺駅、近鉄阿倍野橋駅より徒歩15分

7月15日(金)東日本大震災犠牲者新盆追悼法要・燈籠流し 震災により尊い犠牲となられた方へ追悼の心を捧げるとともに、一日も早い復興を願い、法 要と燈籠流しが行われます。親族、お知り合いの慰霊を希望される方はご参加下さい。
 燈籠義援金は1000円(1個) 雨天決行
 18:00 追悼法要 法善寺
 18:30 追悼行脚
 19:00 燈籠流し 道頓堀川
 20:00 終了

7月17日 第10回新田南夏祭り 15:00~21:00 千里ニュータウンの豊中市新田南小学校で行われる「夏祭り」に関西岩手県人会のブースを 出し、県産品の即売と義援金の募金を行います。また多賀谷真吾さんの写真のチャリティー オークションや奥州市の風鈴の販売も計画しています。お手伝いいただける方は、鎌田(0 90-2357-7706)までご連絡下さい。

7月24日(日)16:00~ 岩手・青森・秋田県人会合同ビア・パーティー 梅新角アサヒスーパードライ梅田068.gif
 by KAMATA
[PR]
by iwate-kansai2 | 2011-06-30 14:50
平泉が「世界遺産」に登録!
おめでとうございます!

皆さんもすでにご存じと思いますが。待ちに待った平泉が「世界遺産」に登録されました。
岩手日報から号外が出ています。
http://www.iwate-np.co.jp/PDF/2011/hiraizumi110626.pdf

岩手日報の記事には

パリで開催されている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第35回世界遺産委員会は25日夕(日本時間26日0時50分ごろ)、「平泉の文化遺産」の世界遺産登録を決めた。

 国際記念物遺跡会議(イコモス)の勧告通り柳之御所遺跡は構成資産から除外となったが、「平泉」の浄土思想を中心とする価値が世界に認められた。国内の世界文化遺産としては12件目で、北海道・東北では初。

と書かれていました。

震災から3ヶ月が過ぎても、なお被災した私達の故郷岩手の被災者の方々のご苦労は並大抵のことでは無いと思います。日本中が何となく暗い感じが漂う中でのこのニュースは、本当に嬉しくて誇りに思う出来事。
これで、日本中や世界中から沢山の人たちが観光に来て下さると平泉はもとより、岩手・東北の活性化に繋がると信じています。

「岩手平泉の文化遺産」が世界に認められたことは私達の誇りです!心から感謝の気持ちでいっぱいです。

by YAMAMOTO
[PR]
by iwate-kansai2 | 2011-06-26 13:52
釜石に行ってきました
3月11日の地震で、花巻温泉の入り口にある寺の墓石が倒れ、ヒビが入ってしまったのを修復するため、岩手に帰った。沿岸部の状況が気になり、どうしても自分の目で被害を確かめたく、釜石を訪ねた。駅の周辺は片付いていたが、津波の激流の直撃を受け、1階が軒並み突き破られ、骨組みがむき出しになっている商店街の裏手には、瓦礫が山のように積まれ、ほとんど手が付けられていないようだ。津波が到達していない地区では飲食店なども平常に営業をしていたが、一部とはいえ生活を取り戻しつつあることに、ほっとすると同時に、皮肉なその落差の大きさに呆然としてしまった。気温25度、照りつける日差しの下で、あちこちの積み上げられた瓦礫は、まるで巨大な墓標のように陽炎の中に揺らめいていた。ありきたりの言葉しかかけられないだろう自分が恥ずかしく、避難所を訪問する勇気がなかったが、出来ることをしっかりと長期戦で取り組めと、目の前にある津波の跡が語り掛けてきて、激しく心を揺さぶられた。3か月が過ぎ、具体的な方向が見えないことに、いら立ちが募るとともに、人々の間に様々な軋轢も生まれてきていると聞く。流された箪笥をこじ開け、タンス貯金を奪い去ったり、5月頃から、貴金属類が中古品市場に大量に出回り始めたというおぞましい話も聞いた。どのようにしたら被災した人たちの傍に寄り添うことが出来るのだろうか?被災地の惨状はそうしたことを考える余裕すら与えてはくれない。 by Seahorse
[PR]
by iwate-kansai2 | 2011-06-20 15:03
福島県で被災した友人から電話があった。
梅雨でうっとうしい毎日が続きますね?岩手ももうすぐ梅雨入りかなと思うと被災地は大丈夫かなと心配になります。
岩手県雫石町から福島県に嫁いだ友人Kさんから、昨日「元気でいるよ!」と電話がありました。
本当にやっとやっとです。
彼女は福島原発の10K圏内に住んでいて、その町の被害映像を見ると地震と津波の被害が大きい上に原発で大変な事になっていると思い本当に心配していました。

緊急避難で急いで避難したので、住所録を持ち出せず連絡がままならなかったとのこと。
今回の一時帰宅でやっと住所録が持ち出せて連絡をくれました。
ご主人と二人で関東の方に避難していて、二人とも元気で暮らしていると聞き安心しました。

地震で家がやられ、放射能で自宅に帰ることも出来ないし、住むことも出来ない現実。「先が見えないんだよね?」の言葉に胸が痛くなりました。

何とか頑張ってとも言えず、「近々、東京出張があると思うから必ず会いにいくからね?」としか言えませんでした。
本当に生きていてくれて有難うという気持ちでいっぱいです。
by YAMAMOTO
[PR]
by iwate-kansai2 | 2011-06-18 19:30
「岩だるま君」を紹介します。
ホームページのトップに突然舞い降りた「岩だるま君」!
ご覧になりましたか?
このキャラクターは盛岡の小学生の作品で、海外の岩手県人にも話題になっているようです。

今回、盛岡地域SNSグループ「モリオネット」さんのご協力で載せることが出来ました。
https://sns.city.morioka.lg.jp/

以下、岩だるま君のメッセージです。

**************************************************
岩だるまくんGANDARUMA 誕生秘話&込められたメッセージ
**************************************************

 岩手の鬼だるま、がんだるまくん。

 岩手の岩・がんだるま
 幸せを願うの願・がんだるま
 復興を頑張るの頑・がんだるま

 岩手の小学生が描いてくれただるまには
鬼の角が生えていました。

 岩手という名前が出来た由来を聞きました。
荒ぶる鬼が岩手の人たちに
これからは仲良く平和に暮らそうと
約束の手形を岩に押したんだそうだ。
それが岩手の地名の起こりなそうだ。(※)

 小学生のO君は少し身体が弱かったので
転んでも必ず立ち上がるというだるまが大好きでした。
自分が生まれた岩手の名の由来を聞いて
鬼ダルマを描きました。

 それがこの東日本大震災の時、
大人達の目にとまりました。
それをきっかけとして
モリオネットネットメンバーたちの
インスピレーションによりうまれたのが、
この、必ず起き上がる達磨
不屈の岩(がん)だるまくん。

 必ず起き上がる
何度でも起き上がる
力強く起き上がる
がんだるまくん!

----

 鬼神が岩手の人に約束した手形。
平和を守ると言った手形。
今度は子ども達に、今の大人が手形を押さなければと。
自然と共存し
人々が力を合わせる
平和な未来。
その手形を人間が押す番だ。


※岩手県の名前の由来ともいわれる三ツ石神社の伝承に
 ついては以下をご覧ください。
 http://www.bunka.pref.iwate.jp/seikatsu/kotoba/minwa/oninoteg…
 またこの伝承は、毎年盛岡で開催され多くの人を集める太鼓パレード、
 「盛岡さんさ踊り」の由来ともいわれています。
 http://www.sansaodori.jp/about/

******************************

岩手の由来は私達県人なら誰でも知るところですが、鬼の約束手形なんですよね?

先日、岩手に帰省したときにあるご老人が「これは天災だからな、誰も恨むことが出来ないのッス。みんなでがんばっていかないとダメなのッス。自然の力には勝てないがら自然と仲良くしねどな?」と言われたのを
何度も思い出します。人々が自然と共生し、みんなで力を合わせて平和な未来を作ると約束する手形。
「負けるもんか岩手!」共にがんばりましょう!

by yamamoto
[PR]
by iwate-kansai2 | 2011-06-09 11:24
神戸みなとマルシェで活動致しました。
6月の梅雨の時期と言うこともあり雨を心配下のですが、4日土曜日は晴天に恵まれお手伝いのスタッフはすっかり日焼けしてしまいましたが、5日日曜日は薄曇りで雨も降らず助かりました。

神戸ポートタワーの近くの岸壁で、ハーバーランドモザイクが向かいにあり、時折船の汽笛が聞こえる場所に沢山の可愛いテントが張られて、色々な出店が立ち並びました。
関西岩手県人会はその中でも角地のブースをご用意して頂いきました。
新調した「関西岩手県人会」ののぼり旗、「黄金の国岩手」や金曜日に届いたばかりの「岩だるま君の負けるもんか岩手」ののぼり旗が、海風にたなびいてるブース。
岩手県産が岩手県内から集めてくれた「盛岡じゃじゃ麺・冷麺」「かもめのたまご」や珍しい青三のお漬けものや南部せんべい、懐かしいお菓子類、岩谷堂羊羹(すぐ売り切れた)などなど。なかま手ぬぐいや雨にもマケズの義捐金付き手ぬぐいも新しい形の募金活動になり沢山の方が募金して下さいました。

最初は呼び込みもぎこちなかったのですが、慣れてくるとどこにも負けないくらいの大声で
「岩手の美味しいもの如何ですか?」「岩手の名産がなんと!三つで1000円買って買って!」「いらっしゃい!いらっしゃい!岩手の旨いもんが、よりどり三つでたったの1000円。買ってってよ!」
「岩手の旨いもんが揃ったよ!おとうさん覗いて行ってよ!」お父さん曰わく「やいやい言わんでものぞいてんがな。」私達は本当に岩手県人でしたか?というくらい関西の商売人顔負けの岩手県人でした。

岩手県人や被災して神戸に来ていた宮城や福島の被災者のみなさんお声をかけて下さって本当に有難う
ございました。涙ぐんで「頑張ってくれて有難う!私達も負けないからね?」の言葉にもらい泣きです。

おかげさまで沢山の方々にアピールが出来て、沢山買って頂きました。
皆さん有難うございました。
そして二日間ブースに立って下さった岩手県大阪事務所の皆様、県人会役員、会員、岩手県産のスタッフの皆様本当にご苦労様でした。

by YAMAMOTO
[PR]
by iwate-kansai2 | 2011-06-06 12:37
6月4日と5日の2日間「神戸みなとマルシェ」で東日本大震災復興支援活動!
今日と明日の2日間、「神戸みなとマルシェ」で、関西岩手県人会の復興支援ブースを出して頂けることになり
活動致します。詳細は下記の通りです。

イベント名:第3回「KOBEみなとマルシェ」
主催:NPO法人KOBEみなとマルシェ
日時:平成23年6月4日(土)11:00~18:00・6月5日(日)10:00~17:00(小雨天決行・荒天中止)※2日間
会場:神戸港中突堤西岸壁(ポートタワー横)及び周辺地域

http://kobeminatomarche.jp/

※このイベントでは、募金活動及び復興支援の一環として、岩手県産による岩手の食品や岩手県花巻市伊藤染工場製作の復興支援義捐金付き「なかま手ぬぐい」や宮澤賢治さん「雨ニモマケズ」手ぬぐいも販売致します。
少しでも被災地岩手のために地元の物産紹介や販売のお手伝いをしたり、岩手観光のPRなどを推進することで「岩手と関西をつなぐ」役割を担いたいと思います。

東日本大震災の復興支援として、この場を提供して下さった事に感謝したいと思います。
3万人のご来場が予想されるイベントですので、県人会員や岩手県にゆかりのある方々にも大勢来て頂けると嬉しいです。

ブースには関西岩手県人会役員や会員有志及び岩手県産の方々がいますので、ぜひお声をかけて下さい。
「まげねど岩手!がんばるべ日本!」

by yamamoto
[PR]
by iwate-kansai2 | 2011-06-04 06:06