<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
関西宮沢賢治忌法要会
関西宮沢賢治の会の第48回賢治忌法要会が、80回忌にあたる9月21日、比叡山延暦寺で厳かに行われました。法要は、午前11時半から、根本中堂の賢治歌碑の前で、延暦寺行院院長横山照泰師を導師に行われた。関西宮沢賢治の会深田稔会長に続いて、賢治のふるさと岩手県花巻市から駆け付けた大石満雄市長が、「長い間延暦寺が賢治忌の法要を執り行ってきていただいていることに対して、花巻市民を代表して心から感謝申し上げます」とお礼の言葉を述べました。このあと、参列者が岩手から届いたリンドウの花を献花し、焼香、賢治が在籍した岩手大学農学部同窓会北水会員による寮歌や、賢治が作詞した花巻農学校の「精神歌」が献歌された。昨年は台風の襲来で、法要に参加できませんでしたが、さわやかに晴れたこの日、賢治さんに捧げる歌声が、比叡山の木立の中に吸い込まれて行きました。昼食のあと行われた講演会では、池上理恵氏が、「賢治の慈しみ~外山詩群を研究した池上雄三と共に」と題して、28歳の賢治が、盛岡から徒歩で夜通し外山まで歩いた詩作行を、賢治が歩いたのと同じように歩いて解明した賢治研究者でご夫君の故池上雄三氏の足跡を、エピソードを交えて披露し、参加者に深い感銘を与えた。この詳しい内容は、後日発行される関西岩手県人会会報「イーハトーブ」号外に掲載される。    SEAHORSE
a0165546_1531990.jpg

                献花、焼香する大石満雄花巻市長(左)
a0165546_155436.jpg

岩手大学自啓寮寮歌「天翔り行く」を合唱する、岩手大学農学部同窓会北水会会員
a0165546_1585953.jpg

                        散華の花びら
[PR]
by iwate-kansai2 | 2012-09-23 15:22
9/15~ 丹波篠山まちなみアートフェスティバル&山猫軒
9月の丹波篠山にぜひお越しください♪

2012年9月15日(土)~17日(月・祝) & 20日(木)~23日(日)
丹波篠山の城下町「篠山」河原町妻入り商家群の町並みで
<町家が美術館にかわる>をキャッチフレーズに
この地ゆかりの現役アーティストと招待作家の芸術作品と触れ合える
ちょっとお洒落なお祭りがあります。

「丹波篠山・まちなみアートフェスティバル2012」
詳細はこちら公式サイトをご覧ください ↓
http://sasayama-art.com/
主催の丹波篠山・まちなみアートフェスティバル実行委員会のメンバーには
県人会会員の中西文枝さんも活躍されています。


また期間中はコラボレーション企画で
9月15日(土)~17日(月・祝) & 22日(土)
「もっとずっときっと祭 in まちなみアートフェスティバル」を開催します。
http://shiawase.felissimo.co.jp/html/fes_tanba_sasayama/index.cfm

主催:フェリシモしあわせの学校
    https://shiawase.felissimo.co.jp/login/
共催:丹波篠山・まちなみアートフェスティバル
    http://sasayama-art.com/
後援:岩手県大阪事務所
    http://ftp.www.pref.iwate.jp/info.rbz?ik=3&nd=936


まずは前半9/15~17は篠山の「山猫軒」カフェが「出現」します。
a0165546_10263920.jpg


 カフェ「山猫軒」場所 : ささやまな家 篠山市河原町125

①山猫軒ランチ 11時から
  篠山の野菜と岩手の雑穀たっぷりのスープ&天然酵母のパン
  イーハトーブのお茶っこセット
  篠山のおやつセット  
    ・・・など、篠山と岩手がコラボするおいしいメニューでお待ちしています!

②山猫軒ワークショップと催し

▼ワークショップ
「賢治の電気葡萄酒」
 たべものをテーマに宮沢賢治の作品世界に遊びます。
 かつて詩人・草野心平にそのレシピをおくったといわれる
 「電気葡萄酒」園材料には篠山のある特産品が使われているのです。
 加えてお酒は花巻の稗焼酎「稗造君」をつかって、
 ここでも兵庫と岩手のコラボレーション。
 デモンストレーション形式で、その未知なるお酒を再現してみたいと思います。
   講師:中野由貴
   日時:9月15日・16日  両日とも ①14:30~ と ②15:30~  各回45分
   定員:各回10名 
   参加費:800円(試飲、岩手のおやつつき)
   
※ノンアルコールもご用意します
※未成年者の方には飲酒していただけません
※このワークショップ参加者の方の自動車、バイクでのご来場は
 固くお断りいたします


▼ワークショップ
「どんぐり&きのこの石けん作り」
 里山の秋をテーマに手作り石けんを作りましょう。
 植物性由来の石けん素地に農薬を使っていない米ぬか水を加えた
 お子さんも参加できる安心安全な素材を使用。
 メープルの甘い香り入り!
    講師:クボノリコ (ソープアーティスト)
    日時:9月17日 
        ①11:00~ ②13:00~ ③15:00~  いずれも各回30分
    定員:20名
    参加費:500円(材料費を含みます)


▼ギャラリー
「山猫軒ギャラリー」
  =宮沢賢治 版画展=
    丹波篠山・まちなみアートフェスティバル参加者
    加藤昌男氏 の版画展
    アートフェスティバル期間中開催します


▼福袋販売!
「山猫軒ショップ」
  フェリシモ・チャリティ福袋 1袋1000円
  限定100個販売。これはかなりお得ですよ♪

  そのほか東北のおいしいものも販売予定です。


▼ワークショップ
こちらは別会場・・・下河原町集会場で開催します
↓ ↓
「雨ニモマケズ」 朗読ワークショップ
 丹波篠山の空気感と賢治のふるさと岩手はどこか似ている。
 そんな世界観を重ねて、心を遊ばせながら参加者全員で「雨ニモマケズ」を朗読します。
 声と言葉を響かせながら、賢治の世界とその言葉の力を体感します。
    講師:川邊暁美 (言の葉OFFICEかのん代表 アナウンサー)
    日時:9月16日 ①11:00~ ②14:00~ 各回60分
    会場:下川原町集会場
    定員:各回10名
    参加費:1000円(お茶と小さなお菓子つき) 

いずれも詳細・お申し込みはこちら ↓ ↓
http://shiawase.felissimo.co.jp/html/fes_tanba_sasayama/index.cfm

いずれのワークショップも定員に満たない場合、当日参加も可能です。


★そして後半9月22日はアートな講演会とサイレントシネマの会
a0165546_10254190.jpg


9月22日(土)13:00~15:00
「玉岡かおるさんのアート語り スペシャル・チャリティ講演会」
欧州の至宝(アート)を守った男
まぼろしの松方コレクション

文化力。それは、美しいものを芸術として認め、
すぶれたものを守る目、そのこころのことです。
早くからそのことに気付いた一人の男がいます。
その名は、実業家・松方幸次郎
国立西洋美術館を誕生させた「松方コレクション」その蒐集家です。
玉岡先生の著書『天涯の船」(新潮社)をヒントに
松方氏の様々なエピソードを紹介しながら
もう一度、美を守ることはどういうことなのか
個々丹波篠山で思いをめぐらせてみませんか。

会場 観音寺本堂 篠山市河原町165
定員 100名
参加費 1200円 仲間割1000円


9月22日(土)16:00~18:00
サイレントシネマ
活弁上映会 上映作品「東への道」
活弁士・浮世白鳥

まぼろしの活弁士として活動写真のナレーションを長年手がける
93歳の現役活弁士・浮世白鳥さんの112回目の上映会です。
実は白鳥さんは玉岡かおる先生のお父様です。
その味わい深いナレーションは、一度聴くとだれもがファンになりますよ。

会場 下川原町集会場
定員 50名
参加費 1200円 仲間割1000円


いずれも詳細・お申し込みはこちら ↓ ↓
http://shiawase.felissimo.co.jp/html/fes_tanba_sasayama/index.cfm

いずれのワークショップも定員に満たない場合、当日参加も可能です。


9月の丹波篠山へぜひお越しください♪
長い案内となってしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。
どうぞよろしくおねがいいたします。

(nakano)
[PR]
by iwate-kansai2 | 2012-09-09 10:29 | 催し物のお知らせ