大沢温泉最高でした
2月6日大沢温泉山水閣に一泊しました。亡き姉を偲ぶ一夕でしたが、部屋の大きな窓の外には、細かい粉雪が舞い、それは何とも言えないほど美しく幻想的な光景でした。露天風呂では、パウダースノーがほかほかと暖かな顔に降り注ぎ、正に身も心も洗われるような心地でした。食事では岩手の食材を満喫しましたが、特に朝食のバイキングが充実していたことに目を見張りました。新緑の頃、露天風呂の真近にホタルが乱舞する頃、周りが紅葉に染まる頃、今度は何時訪れようか迷っています。
[PR]
# by iwate-kansai2 | 2010-02-19 10:58
関西岩手県人会は今年創立55周年を迎えます。
関西岩手県人会は、今年で創立55年を迎えます。
とても歴史のある県人会で会員もご高齢者から若い世代まで幅広い年代で構成されています。

そういう私も21歳で岩手を離れ当時は知り合いもいなくてかなり心細い思いをしたものです。
しかし、同郷の方々と会うと不思議なことに岩手なまりが戻ってきて地元話に花が咲き
この時ばかりは正に岩手の人になります。

関西と郷土岩手を結ぶ架け橋となるよう会員の皆様のご協力のもとに、このたびホームページが開設する運びとなりました。
まだまだ出来立てほやほやのホームページですが、関西の岩手人らしい切り口で色々な情報を掲載していきたいと存じます。

そこで皆様にお願いですが、お薦めの岩手の産品や温泉、名所がございましたらぜひお知らせください。
こんな食べ方もあるよ!でも良いです。
新春懇親会では、高校の大先輩が岩手にもある山菜を取りに京都や関西一円の山へ行くんだという話を聞きました。今度誘ってくれるとのこと。楽しみにしています。

また、岩手県産品を使っている関西の飲食店様がありましたら情報をお寄せください。
探してもなかなか解らないので教えて頂ければとてもうれしいです。

欲しい食材は心斎橋にある「ジェンゴ」に出かけます。
http://www.jengo.jp/blog/

盛岡納豆やふのりや岩谷堂羊羹や盛岡じゃじゃ麺、田老のかりんとうのようなせんべいなどを先日も買い込みました。いるだけで楽しくなるお店です。

では、情報をお待ちしております。

yamamotoでした。
[PR]
# by iwate-kansai2 | 2010-02-16 18:01
どんぐりコールミュージカルスクール記念公演のお知らせ
関西岩手県人会前会長の堯 律子(たかし りつこ)さん が主宰する
[どんぐりコールミュージカルスクール]の43周年記念公演が下記の要綱で開催されます。
ぜひ、お越しください!

- おしらせ -
43周年記念公演 プラネット・ミュージカル
「星の王子さま」
日時:2010年3月27日(土)15時~・18時30分~
     3月28日(日)12時30分~

場所:会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール(阪急西宮北口駅徒歩2分)


[どんぐりコールミュージカルスクール]
http://donguri-chor.com/

どんぐりコールは、1967年に世界で初めての青少年が演ずるミュージカルグループとして、兵庫県西宮市に発足。以来、阪神間を中心に、東京、名古屋、沖縄などの各地で、広く公演活動を展開。「不思議の国のアリス」「オズの魔法使い」「真夏の夜の夢」など、上演した数多くの作品は、好評を博しております。その秘密は、青少年の感受性を育むことを目標に、オリジナルに脚本を書き下ろし、演出、作曲、美術、照明に一流のスタッフが参加し、徹底的に検討を重ね、その厚い協力があるからです。こうしたキメ細かい、“手作り”の舞台は子どもの持つ豊かな情感と無限の可能性を見事に昇華させ、人々に深い感動を与え、毎年の公演はすっかり定着し、子ども達はもとより大人の皆様の間にも多くのファンを得ております。
こうした永年にわたる児童文化振興への貢献が認められ、 1989年には「久留島武彦文化賞」、さらに1996年「兵庫県文化功労者賞」を受賞し、同年6月には阪神淡路大震災被災地の人々の心の復興を願ってポーランド国立オーケストラを迎え、共演のステージを開催。また兵庫県の依頼により、児童の芸術文化振興の為に県下、各地の小、中、高校及び、各市町村での公演活動を展開。
その長い「公演記録」と[高い芸術性」に於いて、日本でも唯一の存在であり、「ステージから伝わるファンタスティックで爆発的なエネルギー」は、未来に向けてのユニークな活動が期待される夢のふくらむ、ミュージカルグループ

【お問合せ】
〒663-8245
兵庫県西宮市津門呉羽町7-12
TEL・FAX 0798-22-5497
e-mail:
info@donguri-chor.com
[PR]
# by iwate-kansai2 | 2010-02-15 11:29
関西岩手県人会に出席しました。
1月31日日曜日に行われた関西岩手県人会に出かけました。
私の会員歴はけっこう長いのに、参加は2回目。
いつも一人でも多くの会員が増えればいいなと思います。
総会では鎌田会長さんのてきぱきとした進行で、事業報告や決算報告、22年度の事業計画などの報告・承認が行われました。
12時からの新春懇親会は岩手県の宮舘副知事が臨席され、80名ほどの参加者でとても盛り上がりました。
会員である川村巌さんの水彩画の展示即売会があり、売上は県人会にすべて寄付されるとのことで、あっという間に完売。
出身地ごとのテーブルで地元話に花が咲き、懐かしい地名や食べ物や出身校の話が飛び交って時間を忘れるほど。私も出身校の大先輩がいることがわかり、年齢に関係なくタメ口で話してしまいごめんなさい!
不思議なのは関西が長いのにだんだんと岩手弁に帰っていくこと。ほんとに懐かしい。
お年を召した男の方は「とても楽しみにしてきた。至福の時間です」とおっしゃられ感激でした。
出し物ではさんさ踊りが披露され、本当に盛り上がり素晴らしかった。
太鼓をたたいて下さった吉田さん、踊りを踊って下さった入江さん最高でした。
郷土のお土産も頂いて、本当にすてきなひと時を過ごさせて頂き、役員の皆様にも感謝申し上げます。
できるだけイベントには積極的に参加します。皆さんにもお会いしたいし…。
by sachi
[PR]
# by iwate-kansai2 | 2010-02-02 18:06