朝日新聞朝刊に岩手県吉田真二次長の記事が載っています。
今朝の朝日新聞朝刊第二社会面に記事が載っています。
「帰郷…もう泣かない」関西の笑い心に「がんばるべ」岩手県大阪事務所吉田真二次長という見出しで大きく取り上げられ、記事に中では、震災後の大阪事務所の事やふるさと岩手の売り込みに奔走した吉田次長の3年間の事。今回の震災で県人会鎌田会長との募金活動に至るいきさつや台湾仏教関係者からの4千万円の義援金授与の心温まるお話しで、吉田次長の「何でも自粛して欲しくない。関西の元気で日本を引っぱって行って欲しい。自分はもう泣かない」のコメントで締めくくっている。

吉田次長の配属先は産業経済交流課ですが、当面は被災地のために救援物資の仕分けの任務に当たられるようです。「被災地のニーズを良く理解して全力で働くから。」と力強い言葉で私も頑張らねばと言う気になりました。彼からは今朝メールが届き、敦賀からフェリーで秋田港で下船して山や田畑一面雪の秋田を走り抜けて先程、美しい岩手山と再会したとのことです。船内では被災地に向かうボランティアや九州・.四国ナンバーの救援車両や奈良県・岐阜県ナンバーの衛生車など沢山の車両と一緒だったとのことです。

吉田次長からのエール…「がんばろう東北!」「がんばろう日本!」

by yamamoto
[PR]
by iwate-kansai2 | 2011-04-05 11:42
<< 大阪法善寺さんでのイベントのご案内 ガソリン・灯油が買えた! >>