東日本大震災後の関西岩手県人会を中心とした義捐活動の模様
東日本大震災後の関西岩手県人会を中心とした義捐活動の模様

宮城、福島の両県人会を誘い、3県合同で街頭での義捐金を道行く人たちにお願いしようではないかとの案が岩手県人会鎌田会長の主導でまとまり、警察の許可を得て実施の段階に至りました。
3月21日と25日は難波の高島屋前、千日前、御堂筋の3か所で3県並んでの募金活動、22日は
梅田の阪急横、曽根崎警察と大阪駅前3か所で致しました。皆さんの温かいお志の御蔭で、800万
有余の有難い募金を頂き、3県で等分に分け岩手として270万の街頭募金を贈ることが出来ました。
また県人会の個人個人のお志も事務局に送られており、会で纏めて当局に送らせてもらう予定です。
他アテルイ・モレの会、宮沢賢治の会も会からの寄付をさせて貰っています。
又、水掛不動さんの法善寺の神田住職様が今回の災害に大変心を痛められ、4月11日に境内で
「東日本大震災被災者初月命月追悼法要」を浄土宗の佐藤教区長以下坊さん30人位で夕方5時~6時に行うのでその前12時~16時境内で募金をどうぞとの温かいお言葉で活動させて貰い、14時46分に
住職の読経発声で全員黙祷を捧げ、5時からの初月命月法要にも参加させて貰いました。参列者全員のご焼香の後一人一人が蝋燭を持ち祈りを捧げました。故郷から遠く離れている私達にとってこのような祈りを捧げる機会を与えて下さった法善寺さんに心から感謝いたします。またお坊さん達が托鉢して下さった尊い義捐金は3県にご寄附いただくことになりました。(当日は岩手県人会幹部の出席)
それと奥州市長から小生に電話あり、前の一関、奥州市の大地震の時の清水寺森貫主の「達磨八起」の激励の書に被災者共々大変勇気ずけられたので、特に被害の酷かった陸前高田、大船渡市に責任を持って届けるので直筆の書を書いて頂き、送って貰えないかとの依頼あり、早速、清水に駆けつけお願いしたところ、お忙しい合間に筆を振るって下さり奥州市に届けることが出来ました。市は森貫主のお気持ちに寄り添いながら、大船渡市え「不撓不屈」・陸前高田市えは「一心合力」の書を直接お渡ししたいと申しております。
今後の募金活動の予定
4月17日―神戸市で  4月24日法善寺境内にて
京都の県人会も活発に街頭での募金活動をしておられます。
亡くなられた方々のご冥福を祈ると共に、早い復興を心から祈っております。
                    
[PR]
by iwate-kansai2 | 2011-04-20 16:24
<< 法善寺境内、義捐活動写真 「東日本大震災義援金募金」神戸... >>