人気ブログランキング |
2012年 05月 20日 ( 1 )
忘れない絆、絶やさない伝統―震災復興と文化継承を願って
2012年6月9日(土)大阪、10日(日)神戸で
大船渡の仰山流 笹崎鹿踊保存会(ぎょうざんりゅうささざきししおどりほぞんかい)
による鹿踊り公演があります。

関西ではなかなかライブで観ることのできない鹿踊り
この機会にぜひ出かけてみたいものですね。
申し込み不要とのことです。

以下、国立民族学博物館のHPより・・・


東日本大地震は、人々の日常生活はもちろんのこと、文化遺産の存続をも危うくしました。
この度、本館が支援を行った大船渡市の伝統芸能・鹿踊りをお招きし、活動再開後初の関西公演を行います。
「災いを払い、幸せを招く」といわれ、阪神・淡路大震災後地域の人々を元気づけた中国獅子舞や龍舞、そして新長田の地元の方々との共演も必見です。
実演とワークショップを通じて「1.17と3.11」の絆を深めるとともに、震災復興と伝統文化の継承についてともに考え、実践し、復興の力につなげていきたいと思います。

•2012年6月9日(土) 
◦ 会場:国立民族学博物館 玄関前広場(屋外)、エントランスホール(本館1F)
※雨天・強風時:講堂(定員450名)、エントランスホール(本館1F)
◦ 時間:14:00~16:30

• 2012年6月10日(日)
◦ 会場:若松公園鉄人28号広場(屋外)
  神戸市長田区若松町6-3(JR・市営地下鉄海岸線 新長田駅から西へ徒歩約5分)
◦ 時間:13:00~15:00(予定)

• 受付:申込不要
• 参加:無料
• 主催:国立民族学博物館

★詳細はこちらを ↓
 http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/slp/performance120609_10

(nakano)
by iwate-kansai2 | 2012-05-20 14:07 | 催し物のお知らせ